サイトタイトル
メイン画像

 

 

"Flickering Square" Art Gallery, Chiangmai University,Chiangmai, Thai 2012

 

 

 

 

THE WORKS of MITSUNORI KURASHIGE

 

 

"Leonard Bernstein -MASS-" Stage Art Work at Festival Hall Osaka 2017 Installation View 

 

 

 

Welcome to the exhibition

 

 

会場風景は、写真をクリック

Please click picture, you can see installation view.

 

 

倉重光則 MITSUNORI KURASHIGE

 

Setouchi Triennale 2016

 

Aichi Prefectural University of Fine Arts and Music Setouchi Art Project Teem, megijima, Kagawa 2016

Installation View


倉重光則 MITSUNORI KURASHIGE

 

Nagi Museum of Contemporary Art

“Unfinished Map” Nagi Museum of Contemporary Art, Okayama 2014

Installation View

 

倉重光則 MITSUNORI KURASHIGE

 

Hebel_212 Bazel

 

"Flickering Square" Hebel_121, Bazel,Switzerland 2012

 

Installation View

 

 

倉重光則 MITSUNORI KURASHIGE

 

Chiangmai University

 

"Flickering Square" Art Gallery, Chiangmai University,Chiangmai, Thai 2012

 

Installation View

 

倉重光則 MITSUNORI KURASHIGE

 

Gallery kokon

 

“Garden of Void Space - Indefinite Square” Gallery Kokon, Tokyo 2010

 

Installation View

 

倉重光則 MITSUNORI KURASHIGE

 

Kawamura
Memorial Museum of Art

“The Art of Breathing in the World – Art and Respiration,” Kawamura Memorial Museum of Art, Chiba 2005

Installation View

 

倉重光則 MITSUNORI KURASHIGE

 

“Depth of Blue,”

 

 

“Depth of Blue,” Kanagawa Prefectural Gallery, Yokohama 2003

Installation View

倉重光則 MITSUNORI KURASHIGE

 

representative works 2010~Now

 

2010年から現在までの代表作を見る。

View inside 作品写真を見る

 

倉重光則 MITSUNORI KURASHIGE

 

representative works 2000~2009

 

2000年から2009年までの代表作を見る。

View inside 作品写真を見る

 

倉重光則 MITSUNORI KURASHIGE

 

representative works 1990's

 

 

1990年代の代表作を見る。

View inside 作品写真を見る

 

 

倉重光則 MITSUNORI KURASHIGE

 

representative works 1980's

 

 

1980年代の代表作を見る。

View inside 作品写真を見る

 

 

倉重光則 MITSUNORI KURASHIGE

 

representative early works 1970's

 

1970年代の初期の代表作を見る。

View inside 作品写真を見る

 

 

 

 

  ■ 絵画することについて

 

倉重光則

空白の紙面に向って、私はよく考えます。絵画すること、何によって絵画にするか、何が絵画になりえるかと......。

まず、始めに正方形(正方形に近いもの)のワク(正方形という絵画の枠組み)から始める何回も繰り返し描く、枠の生産。無意味と思いつつもそれをやり続ける意志。正方形から異形の正方形へと無限に反復すること。

絵画における機能とは、ちょうど岸壁に打ち寄せては引いて行く波のように私に働きかけてくる。その波を私は作品に押し返す。この「立ち返り」こそが絵画における機能と呼べるものである。空白の時空を図り、その表面を横に横にすべること。そのことが意思を意思ことになり、差異の享楽を知ることになる。それが絵画することであろう。

MITSUNORI KURASHIGE 1993年刊行の作品集、巻頭の言葉より